コロナ禍でシフト減…スタッフさんに別のお店に配転してもらうには

コロナ禍で店舗が時間短縮や閉店するお店もでてきました。思った通りの勤務ができないスタッフさんもいる中、人の足りていない店舗へ配置を変わってもらいたい時、知っておきたい知識とは!

こちらはお店で働く人のためのコンプライアンスコーナー
ヒトトセ 法務ルームです。
接客のお仕事にまつわる様々な問題を
法律のエキスパートである法務ルーム室長が、
法律視点から解説してくれます。
 
コロナ禍でお店の危機!配置転換で乗り越えたいところだけど…
 
質問1 左
旅行好きなスタッフ
コロナ禍で店舗が時間短縮や閉店などが起こり、思った通りの勤務ができないという声があがっています。
 
法務ルーム室長
ええ、そうですね。店舗の所属人数は本来あるはずだったシフトを基に考えられていますから、当然そのようになってしまいます。
回答1
 

質問2 左
旅行好きなスタッフ
そこで、そもそも人が足らないところもあるので、行ってもらおうと思うのですが、なかなか合意が得られなくて。。。
 
法務ルーム室長
もしかしたら、もう合意をもらっているかもしれませんよ?
回答2
 
質問3 左
旅行好きなスタッフ
へ???ど、どういうことですか?
 
法務ルーム室長
あなたのお店で入職時に合意いただいた就業規則を確認してみてください。「業務の都合により転籍(配転)させることができる」と規定されていれば、すでに合意をいただいていることになります。
回答3
 
質問4 左
旅行好きなスタッフ
つまり、「行ってください」ですむことなんですか?
 
法務ルーム室長
ええ、もちろん、業務上必要ない場合や不当な目的ならできませんし、著しくスタッフに苦労をかけるようなものでない限り合法です。
回答4
 
質問5 左
旅行好きなスタッフ
著しくスタッフに苦労をかけるってどの程度ですか?
 
法務ルーム室長
本来の通勤に20分だったのが、1時間半から2時間になったり、あまりにも業務形態が変わるようなものといった本人の不安ばかりが増えるようなものですね。
回答5
 
質問6 左
旅行好きなスタッフ
そうなんですね。でも、就業機会というとこから考えるとむしろスタッフのためでもありますもんね。
 
法務ルーム室長
ええ、配転命令も休業命令も命令とは言いますが、スタッフのためでもという色彩の方が本当は強いんですよ。
回答6
 
質問1
旅行好きなスタッフ
わかりました!では、緊急事態宣言が終わって渡航もできるようになったら、私をヨーロッパに配転命令してください!
 
法務ルーム室長
業務上必要ないのでできません。そもそもヨーロッパに支店はないですよね?
回答6
 
質問1
旅行好きなスタッフ
ちっ。
 

Feedlyで記事情報を収集

この記事を書いた人

ヒトトセ 編集部
ヒトトセ 編集部
人と接する仕事についたら見るサイト、ヒトトセ編集部です!

ヒトトセでは毎日利用する「街のお店の接客」に焦点を当てて
お役に立つ情報を発信しています。

飲食料品、日用品といった安全・安心を提供する流通業界は、
たくさんの人の暮らしを支えるライフラインです。

「こんなことで困っている」
「こんなテーマも取り上げてほしい」

などご要望がありましたら、
問い合わせページよりお気軽にお声をお寄せください。

無料特典『笑顔の秘伝書』ダウンロード

笑顔の秘伝書

接客の基本はやっぱり「笑顔」です。
接客業の方、笑顔の教育にお困りの方必見!
笑顔トレーニングに今すぐ使える!
笑顔の秘伝書マニュアル(A4サイズ表裏・PDF形式)をプレゼント中!

これ一枚で笑顔の基礎を教えられます。

●すてきな笑顔とはなにか?
●笑顔になるための実地トレーニング方法
●マスクをしていても伝わる「声」の出し方
●説明できるようになりたい笑顔の効果効能
●接客指導方法

『笑顔の秘伝書』をもっと詳しく知りたい方はこちら

今すぐマニュアルをダウンロードしたい方は、下記のボタンから↓