レジで働くメリットとは?

みなさんこんにちは、ヒトトセ編集部です。

 

数ある接客業種のなかでも、レジの現場で働くメリットにはどのようなものがあるでしょうか?

弊社にはいろいろなレジ業務でお仕事ができますが、共通して得られるものはどれもよい効果をもたらすものばかり。

これを見ていたらレジを打ってみたくなるかも?!

 

接客を覚えられる

レジには接客・接遇における基本が詰まっているといっても過言ではありません。

「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」にはじまり、お客様との短い会話が繰り返し行われます。

お客様によっては顔を覚えて頂ける場合もあるので、都度柔軟な応対が求められ、接遇スキルが磨かれます。

 

計算に強くなる

レジは自動化が進んでいますが、なかには手動で行うスタイルのレジが現役のお店もあるでしょう。
いくらだすとおつりの端数を切り上げられるか、など生活に役立つ計算のスキルが磨かれます。

 

ダイエットになる

レジは基本的に立ちっぱなしのお仕事です。

その場所から大幅に移動することはありませんが、立っているだけでもわりとカロリーを消費しているのです。

例えば20歳160センチ55キロの女性が6時間レジに立ってお仕事していると、760キロカロリー消費します。
計算方法はこちら!

 

チームワークが身につく

レジは基本的に1人制といって1人でひとつのレジの操作にあたることが多いです。
よって単独プレーだと思いがちですが、実はチームで現場を動かしているのです。釣銭の増減や、お客さんの流れの誘導・調整、慣れていないスタッフのフォローや店側との連携など、円滑な現場づくりにはチームプレイの意識が欠かせません。

また、お店のもつ雰囲気づくりにおいてもチームで取り組まなければ成立しません。一人で黙々と作業をする業務ではないと言って良いでしょう。

 

瞬発的判断力がつく

レジの動作のひとつに品物をかごからかごへ移す動作があります。

品物の形状や重さ、傷みやすさなどを加味しながらスピーディにかごへ納めなければいけないため、瞬時の判断スキルが磨かれます。また場数を踏むと商品種類によるバーコードの位置などが目視しなくてもわかるようになるため、スキャンスピード自体が速くなります。チェッカーサポートには速さや正確さを競うコンテストなどもあるため、モチベーションにもつながりますね。

 

すてきな笑顔がでるようになる

笑顔は表情の一つですが、実は出し慣れていなければ素敵な笑顔は出ないものです。

レジ接役をしていると少なからず基準に応じた笑顔を出すようになるため、顔にある表情筋を使い笑顔の練習をすることができます。

 

 

いかがでしたか?

レジは一見単調な作業に思われがちですが、接客スキルという点を踏まえるととても奥深い業種です。

まずは身近なお店のレジで接客を観察してみましょう。新たな魅力があるかもしれませんよ!

Feedlyで記事情報を収集

この記事を書いた人

零式
零式
(ぜろしき)
オタクスピリットが強い昭和生まれ。
現在人生で最後にしたいダイエット中。
ipad版クリスタとにらみ合って動けないアナログ勢。

無料特典『笑顔の秘伝書』ダウンロード

笑顔の秘伝書

接客の基本はやっぱり「笑顔」です。
接客業の方、笑顔の教育にお困りの方必見!
笑顔トレーニングに今すぐ使える!
笑顔の秘伝書マニュアル(A4サイズ表裏・PDF形式)をプレゼント中!

これ一枚で笑顔の基礎を教えられます。

●すてきな笑顔とはなにか?
●笑顔になるための実地トレーニング方法
●マスクをしていても伝わる「声」の出し方
●説明できるようになりたい笑顔の効果効能
●接客指導方法

『笑顔の秘伝書』をもっと詳しく知りたい方はこちら

今すぐマニュアルをダウンロードしたい方は、下記のボタンから↓